お腹が減ったらスニッカーズはもう古い?

その昔は、お腹が空いたらスニッカーズというCMも流れていてこのフレーズは有名ですが、しかしスニッカーズ自体は炭水化物と脂質が多い高カロリーなだけの甘いお菓子だったりします。

確かに、血糖値は即座に上がりそうな印象ですが、お腹が空いた小腹を満たす程でも無いという現実があるのです。

特に激甘を作っている砂糖、つまり炭水化物は、すぐに吸収されて一時の空腹感を紛らわす事が出来ますが、栄養的にはそれだけ!で、あとは身体に蓄積されやすい脂質が残るので小腹がすいた時に食べるのもあまり健康的では無いのです。

が、10代、特に中高生位の年代なら、まだ食べたものを即座に蓄積しようとせず燃焼に回す傾向があるので、スニッカーズの様なお菓子を食べても問題無いとは思いますが、最近の子はお腹が空いたらカロリーメイトを食べると言っている子が多いのです。

何故か?と聞くと、カロリーメイトの方が栄養バランスが良くて結構腹持ちがイイんだそうです。

パッケージには食物繊維も入っていると記載されていますしね。

それに、ただ甘いものを食べるだけだとすぐお腹が空いて別の物を食べたくなって結局は太りやすくなるので、栄養バランスの良いモノを食べてお腹をすきにくくしておくのが良い!んだそうです。

これは、大人で、よく間食をしている人に知ってほしい!と思いましたねー。

ついついポテチやチョコを間食してしまうという方は、ポテチもイイですけどカロリーメイトもね!

という事で、栄養バランスの良い間食をとる様に心掛けましょう。

災害などで人命を救助するのに尽力する災害救助犬

先日起きて、今も余震の恐怖におびえながら避難生活を送っている方がいる熊本・大分の地震ですが、地震でつぶれた家の中から生存者を見つける際に尽力している人達と共に行動して発見に貢献している、災害救助犬の数が足りないという状況があるそうです。

今回、熊本での地震が起きた直後にはエクアドルでも大地震が発生して、こちらは日本の死者・行方不明者数をはるかに超えた死者600人超、行方不明者は2000人にも達するであろうと言われており、正に災害救助犬の重要性を示唆している事を意味しているのです。

ただ、災害救助犬を育成する訓練所が足りていない=訓練をする訓練士も少ないという現状があるので、なかなか救助犬を増やせないというジレンマをどうするのかがカギとなっていきますが、訓練に参加させる犬は毎日のように保健所に護送されて来る野良犬から選出しているそうなので、少しでも可哀想な犬を減らす効果も見込めるのです。

地震の際に避難された人の避難所の確保ばかりに目を向けられているような気がしますが、むしろ、災害救助犬を増やすために必要な訓練士を増やす努力をもっとして欲しい!とニュースを見ながら思っています。

ただ、やはり目の前の緊急な状況を解決する方が優先されるべきだとも思うので、将来的に実行してもらえることを祈る日々です。

地震災害地にボランティアとして行く際に必要な持ち物とは?

災害地に行って色々な手伝いをしよう!と思っている人は多いと思いますが、ちょっとそこまで買い物風の恰好では何もお手伝いできないと思うので、必要最低限櫃よな装備をして行ってほしいモノです。

まずは長靴。

雨でぬかるんだ土砂やがれきの中を歩くので、普通の靴では無理です。

なるべく長めの長靴でしかも靴の裏が丈夫そうなヤツを履いて行ってください。

防塵効果のあるマスクも必要です。

崩れた家屋の撤去などを手伝う場合、ホコリやら砂塵やらが舞うのでとても普通に呼吸できる環境ではありません。

視界も遮られるので、水中眼鏡のように目の周りを密閉して見るタイプのゴーグルなどがあるとなお良いと思います。

軍手やゴム手袋もあるとかなり便利ですね、素手では作業しにくいですしそれに、手を怪我する場合もあると思いますので必須アイテムの一つだと思われます。

傘以外の雨具もあればなおイイですね。

レインコートのようにヒラヒラしたヤツでは無く、上着の様に着ていられるタイプのモノがイイでしょう。

簡易食料⇒カロリーメイトのようなモノがあるとイイですね、それと自分の飲み水は自分で持って行くのがベストだと思われます。

それと、着替え・帽子など、必要に応じて持参して行ってください。

因みに片付け等のボランティアなので救援物資の持参は必要無いので、色々持って出かけない方が無難です。

片付けなどがしやすい装備で出掛けるように心掛けましょう。

自分が見ているアニメの傾向が異世界系だと思ったら?

最近のアニメの傾向は現代社会系よりも異世界脱出系アニメが多い事。

最近読んだブログがそんな内容だったんです。

自分が見たアニメの中で面白かった作品!と言うのを紹介されてる方が居たんですが、その紹介の視点が普通というか、本来あるべき!という内容でとても安心感がありましたね。

と言うのも、どうも普段からオタク気味な生活を送っているので、若干美少女系とかファンタジーすぎる異世界系とかに偏っている感じはあるんですよ。

最近は本当、異世界系という、何でもかんでも異世界に飛んで行ったら主人公が苦労したり、いきなり英雄として扱われたりとかそんな感じの話が多いので、そのような作品ばかり見てしまったりするわけです。

しかし、現実問題、等身大の少年少女の苦労話とか感動話をアニメで見たい!となった場合、そんな異世界ばかりの作品だと駄目な訳です。

結局異世界という世界観は、現実逃避の集大成という位置づけになるので、気が付いたら自分は異世界に来てしまったらしい系の作品の主人公は、全て現実逃避していると言っても過言では無いのです。

そんな現実逃避系アニメがウケている背景には、現代の闇がそこに見え隠れしているんですが、現実世界の自分の生活に絶望していたり、または思い通りに事が進まなかったりしてモヤモヤしている中で、そういった異世界系アニメを観る事で心を癒しているのかも知れませんね。

なので、最近自分が見ているアニメの傾向が異世界系だと思ったら、多分今の生活に満足していなかったりまた、この世界から脱出したい!という願望があるんだと思うので、アニメ見て楽しんでいるだけの状態を本気で脱出して、本当に別の世界(別の国とか)に行く事をお勧めしますよ、本当。

サブコンテンツ

このページの先頭へ