日焼け止めなのか或いは暑さを回避しているのか、最近夜型人間が増えている様です

私も含めて周辺には、夜型の生活にシフトして生活し始めている人が増えて来ています。

これは夏限定の暮らし方なんですが、とにかく日中は外出ない、活動しない、ほぼ睡眠で過ごします。

夕方からノソノソと起き出して、早朝まで活動すると言う生活を送っているんですが、実は夏場は一番これが活動効率が良かったりするのです。

普通に昼間働いている人が見たら、こんな生活堕落しきっているとか思うかも知れませんが、その実、生活の働きの全てを漫画家やイラストレーターなど職場など固定の場所に縛られない業種に身を置いている人などは特に、深夜帯にこそ活動していると言う人は多いのです。

私の場合はイラストレーターと言う部類に入るんですが、夏の暑い日中に活動していると熱中症にはなるわ、パソコンが熱くなって悲鳴を上げるわ、日焼けはするわ、無駄に何か食べるわ、と言う事で、色々燃費が悪いんです。

生活が不規則と言えば不規則で、そのおかげで虫歯が増えてしまったんです。毎日3回歯を磨いていますので虫歯は食べ物だけが原因ではなく生活習慣もかなり関係しているのです。

熱中症になる、の部分なんかも深刻で、ならないように対策を施したうえで寝ている分には全く熱中症になる事は無いんですが、ただ何となく起きていて日中の時間を潰していると、熱中症になりやすいんですよねー。

と言う事で、日中の作業効率が悪いことから夜型生活にシフトした!のです。

が、これがまた、夜型で活動している友達が多いので、まったく連絡が滞る事も無ければネット上での会話などもスムーズと言うか、夜型の方がデフォルトなんじゃないか。とさえ思う時がある位です。

しかし、こういう生活を全く理解してくれなかったり、非難して来る人は当然いる訳で、私も家族にあまり良い顔をされていませんしそれに、多くの友達が家族とは家庭内別居状態とか言っている人がいるので、あまり歓迎されるべき生活スタイルでは無い事は実感しています。

ただ、夏の作業効率的に検証してみた場合絶対的に夜から早朝にかけての方が、圧倒的にたくさん仕事が出来るのです。

そう言った事情をもっと周囲の人が理解してくれればよいのですが、夜型シフトの人口の方が断然少ない!と言う現状の元では何とも言い難し、と言う状況なのは間違いありません。

それでも、どうしてもこの生活スタイルの牙城を崩差なければならない場合は、もう日中、常時涼しい所に非難するしか無さそうです。

ただ、この方法に打って出ると確実に日中日焼けしてしまいますし、熱中症になる確率も高まるしそれに作業効率が低下する事請け合いなので、出来れば家族の反対を押し切ってでも夜型生活を断固として続けた方が良いと思います。

暑い時、何も作りたくない&食べたくない時は無理して食べる事は無い

暑い日にコンロの前に立って灼熱地獄を味わいたくない日もあるでしょう。

暑過ぎてぐったりして食欲不振になる時もあるかも知れません。

そんな時は、無理して夕飯を食べなくても良いと思います。

もしくは、いつも夕飯を食べている時間に食べないで、食べたくなった時間帯に食べればいいと思うのです。

朝ご飯だけは大事で、出かける前やその日の活動をサポートするために必要なエネルギーを補給しなければならないのですが、夕飯は違います。

とりあえず腹が減ったから食う?位のノリだと思うので、必須の食事では無いと思うんですよ。

なので、無理して誰かに合わせて食べて、かえって調子を悪くしたりする人も中には居る様なので、無理は禁物だと思うのです。

しかしそれでも最終的には夜寝る前には、ちょっと位は胃に何か入れておいた方がイイと思うんですよ。

あまり長時間胃が空っぽの状態を継続していると、胃酸が胃壁を溶かして胃炎になってしまう危険性があるからなのです。

それでも何も食べる気が起きない時は、汁ものを飲むと言う手があります。

インスタントみそ汁やカップスープでも良いでしょう。

日中は熱中症対策と称して冷たい飲み物ばかりを飲んでいたと思うので、夜だけは少し温かい食べ物をお腹に入れた方が良いのです。

そうして就寝して次の日の朝にお腹がガッツリ!減っていたら、たくさん食べて出かけるまたは過ごす様にしましょう。

朝ご飯をしっかり食べる事で、前日の不調を払拭して活発に活動できるように身体が準備してくれるのです。

また、ダイエット中と言ってダイエット系のスムージー風ドリンクだけ飲んでいる人も見かけますが、アレはカロリーが極端に抑えられているのでダイエット効果は期待出来ると思いますが、なるべく朝は糖質をしっかり摂るようにする事で脳の活動を活性化させられるので、ダイエット中でも朝だけはなるべく100kcal程度は摂って欲しいですね。

と言った具合に、食事のペースや食べるものを選んだり食べなかったりは個々の自由だと思うので、家族と同居していて夕飯の時間やメニューも決められていると言う人でも、ちゃんと食欲の有無を伝えて食事のコントロールをする様にしてみてください。

お腹が減ったらスニッカーズはもう古い?

その昔は、お腹が空いたらスニッカーズというCMも流れていてこのフレーズは有名ですが、しかしスニッカーズ自体は炭水化物と脂質が多い高カロリーなだけの甘いお菓子だったりします。

確かに、血糖値は即座に上がりそうな印象ですが、お腹が空いた小腹を満たす程でも無いという現実があるのです。

特に激甘を作っている砂糖、つまり炭水化物は、すぐに吸収されて一時の空腹感を紛らわす事が出来ますが、栄養的にはそれだけ!で、あとは身体に蓄積されやすい脂質が残るので小腹がすいた時に食べるのもあまり健康的では無いのです。

が、10代、特に中高生位の年代なら、まだ食べたものを即座に蓄積しようとせず燃焼に回す傾向があるので、スニッカーズの様なお菓子を食べても問題無いとは思いますが、最近の子はお腹が空いたらカロリーメイトを食べると言っている子が多いのです。

何故か?と聞くと、カロリーメイトの方が栄養バランスが良くて結構腹持ちがイイんだそうです。

パッケージには食物繊維も入っていると記載されていますしね。

それに、ただ甘いものを食べるだけだとすぐお腹が空いて別の物を食べたくなって結局は太りやすくなるので、栄養バランスの良いモノを食べてお腹をすきにくくしておくのが良い!んだそうです。

これは、大人で、よく間食をしている人に知ってほしい!と思いましたねー。

ついついポテチやチョコを間食してしまうという方は、ポテチもイイですけどカロリーメイトもね!

という事で、栄養バランスの良い間食をとる様に心掛けましょう。

災害などで人命を救助するのに尽力する災害救助犬

先日起きて、今も余震の恐怖におびえながら避難生活を送っている方がいる熊本・大分の地震ですが、地震でつぶれた家の中から生存者を見つける際に尽力している人達と共に行動して発見に貢献している、災害救助犬の数が足りないという状況があるそうです。

今回、熊本での地震が起きた直後にはエクアドルでも大地震が発生して、こちらは日本の死者・行方不明者数をはるかに超えた死者600人超、行方不明者は2000人にも達するであろうと言われており、正に災害救助犬の重要性を示唆している事を意味しているのです。

ただ、災害救助犬を育成する訓練所が足りていない=訓練をする訓練士も少ないという現状があるので、なかなか救助犬を増やせないというジレンマをどうするのかがカギとなっていきますが、訓練に参加させる犬は毎日のように保健所に護送されて来る野良犬から選出しているそうなので、少しでも可哀想な犬を減らす効果も見込めるのです。

地震の際に避難された人の避難所の確保ばかりに目を向けられているような気がしますが、むしろ、災害救助犬を増やすために必要な訓練士を増やす努力をもっとして欲しい!とニュースを見ながら思っています。

ただ、やはり目の前の緊急な状況を解決する方が優先されるべきだとも思うので、将来的に実行してもらえることを祈る日々です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ